今だけ、『ずっと30%割引』で、正会員に登録できます

お申し込みはこちら

最新情報

我々が採用する「ラーニング」の科学基盤は、どこからやってきたのか?

我々が採用する「ラーニング」の科学基盤は、どこからやってきたのか?

toiee Lab では、「ラーニングとは、複雑適応系に見られるフィードバック制御構造が、フラクタル構造化が動的に活性化している状態」と定義しています。 言葉にすると難しいですが、ラーニングの現象自体は、私たちの体で常に起こっていますし、脳でも発生しています。さらには、この構造は「組織」にも当てはまります。 実際、「学習する組織」で想定している企業モデルと、ピッタリと付合すると言えます。 上記の構造は、「現代科学の基本前提」であり、toiee Lab 独自のものではありません。この記事では、この知識体系の出どころについて、紹介します。
Takahiro Kameda
メタ探求型学習とは何か?

メタ探求型学習とは何か?

メタ探求型学習を一言で言うのは難しいですが、あえて表現してみます。それは、「人間本来の学習の仕組み」です。人間が元々持っている脳の機能を、最大限生かして学習している状態を、メタ探求型学習と定義しています。細かく言うと、人工知能では到達できないような、学習の仕方を僕たち人間は採用しています。
Takahiro Kameda
WordPress センス編

WordPress センス編

WordPressでのサイト作成が「初めての方向け」のワークショップです。MAMP(テスト環境)を使って、WordPressを立ち上げ、固定ページ、投稿などを探求し、簡単なサイトを構築します。その際に、やり方を教え込むのではなく、仕組みから考えて、仮説を立て、検証するようにして探求してもらいます。そうすることで、ワークショップ終了後も独学できる体質を作ります。
toiee
META JOURNALING

META JOURNALING

日記を書く効果は、心理学の世界でも注目されています(ジャーナルセラピー)。効果のよい日記は、どう書けばいいか?その人の状況、目的によって異なります。大切なことは、自分の目的に「ぴったりの」ジャーナル法を作り、継続できるようになることです。このワークショップでは、自分の目的に「ぴったりの」ジャーナル法を作り、継続できるようになることを学びます。
toiee
ITを学ぶ5つのステップ

ITを学ぶ5つのステップ

ITを自由に使いこなせるようになるには、「正解を繰り返し訓練するのではなく」、必要なとき に、必要な機能を「その場で実験、テスト、探求」して、学ぶ能力を磨くことが大切です。文章で説明すると非常に難解に聞こえますが、やるべき行動は簡単です。 それが、「ITを学ぶ5つのステップ」です。このワークショップでは、ITを学ぶ5つのステップをチームで、何度も繰り返し、振り返ることで 「メタ探求型の5つのステップ」を学びます。
toiee
コンセプト・クリエイター

コンセプト・クリエイター

コンセプトは、 ひらめきで生まれるものだと思っている人も多いかもしれません。実は、コンセプトはひらめきではなく、論理を積み重ねて生まれるものです。様々なものを、「ある特定の位置から見て一つにしたもの」がコンセプトです。 このワークショップでは、上記の内容をより分かりやすく、様々な情報を織り交ぜて学んでいただきます。
toiee
成果をあげる意思決定

成果をあげる意思決定

知識労働者といわれる人たちは、みんなが意思決定を行なっていて、それによって成果を上げています。このワークショップでは、成果をあげるには欠かせない『意思決定』について学びます。意思決定シートを準備しています。このシートを実際に使って意思決定を体験しながら、意思決定について探求するということをやっていきます。
toiee
わかりやすい文章(2)正しいメール

わかりやすい文章(2)正しいメール

わかりやすい文章、伝わる文章を書けるようになるためには「小さなチャレンジ」や「小さな練習」を行うことが効果的です。毎日のように(あるいは頻繁に)使う「メール」を通じて、わかりやすい文章の各レベルを鍛えることを学びます。ここでは「フォーマル(ビジネスシーンなどで使える)なメール」を学びます。
toiee