今だけ、『ずっと30%割引』で、正会員に登録できます

お申し込みはこちら

プログラミング入門(3) 変数、定数、表示

変数、定数、配列、表示について学びます。コンピュータの中で、情報処理を行うには「データを保持」する必要があります。この時に利用するものが「変数」や「定数」です。ここでは概念をしっかりと探求して学びます。利用する言語は、PHPですが、他の言語を学ぶ際にも役立ちます。

プログラミング入門(3) 変数、定数、表示

ワークショップ概要

内容

変数、定数、配列、表示について学びます。コンピュータの中で、情報処理を行うには「データを保持」する必要があります。この時に利用するものが「変数」や「定数」です。ここでは概念をしっかりと探求して学びます。利用する言語は、PHPですが、他の言語を学ぶ際にも役立ちます。

期待できる効果

  • データを保持する役割を果たす「変数」の概念を学ぶ
  • 概念を学ぶには、実験し、自分のメンタルモデルを鍛える、検証することが欠かせない。それらをワークを通じて、実際に手を動かして行う(学ぶ)
  • 言語ごとに「ルールが違う」ため、それらを調べて学ぶ方法も学ぶ
  • ここでしっかり探求することで、各言語の変数の説明を読めるようになる

資料、開催イメージ

活用シーン

プログラミング入門。社内でプログラマーを育成したい、プログラミング学習に挫折した方にオススメ

「変数」の概念は、あらゆる言語を学ぶ際に役立ちます。社内でプログラマーを育成したい方や、過去にプログラミング学習に挫折した方にオススメです。

プログラミングを学びたい方にオススメです。

ライセンス、著作権、使用について

ワークショップ資料を自由に利用しても良いですか?

はい可能です。レジュメを参考にワークショップを開催し、参加者資料を配布することができます。また、資料に追記したり、ご自身の授業にアレンジして使うこともできます。

なお、ワークショップ資料の著作権は、クリエイティブ・コモンズ4.0(表示・継承)としています。ご利用の際は、「toiee Lab https://www.toiee.jp/ 」をご案内ください。案内する場所、タイミングなどはお任せします。また資料内に小さく記載しても構いません。

商用利用しても良いでしょうか?

はい、可能です。有料のワークショップ(オンライン、オフライン)開催に使っていただけます。また、企業研修、チーム学習にも自由に使っていただけます。ただし、配布資料やレジュメ資料に関しては「クリエイティブ・コモンズ4.0(表示・継承)」に従ってください。

誰でも、簡単にワークショップを開催できますか?

ワークショップの進行の難易度は、ワークショップによって異なります。簡単なワークであれば、ファシリテーション・トレーニングを受けていなくても可能です。

ただし、難易度が高いワーク(長時間のものなど)の場合、進行に慣れるまで時間がかかります。

また、最大限の効果を発揮するには、ラーニング・ファシリテーションについて学んだり、トレーニングを受けることをお勧めします。

関連記事

  • 現在準備中です

Workshop 進行

プログラミング入門(3) 変数、定数、表示

ワークショップの進行動画や、解説などをご覧ください。また、参加者用の資料ダウンロード、ファシリテーター用も、ご利用ください。

  • 所要時間 : 1時間30分程度
  • 開催場所 : オンライン、オフライン
  • 人数 : 特に制限なし(人数が多い場合は、チーム分を分ける。ブレイクアウトルームを活用する)
  • 事前準備:「プログラミング入門(1) 作業分解」「プログラミング入門(2) 文法の学び方」を受講、あるいは視聴していることが望ましい
  • 必要なもの : パソコン、インターネット環境、エディタ、ターミナル、コードを書いて、すぐに実行できる環境(https://paiza.io/ja 上で実行でも構わない) 

前提知識

  • プログラミングとは何か?の概念を持っていること
  • コンピュータについての概念(イメージ)を持っていることが望ましいです